ひとり美容室のススメ

スポンサーリンク


「ひとり税理士」とは一人で税理士事務所を経営している税理士のことで、税理士の井ノ上さんが広めている言葉かもしれません。

「ひとり税理士」という言葉をgoogleで検索すると、井ノ上さんのブログや書籍がヒットします。

さらには、井ノ上さんの影響を受けてブログを開始した方などが、検索でヒットします。

わたしは、このブログで「ひとり税理士」という言葉をあまり使わないのですが、ひとりで税理士事務所を営んでいますので、ひとり税理士ではあります。

ひとり税理士には、担当が変わらないというメリットがあります。

しかも、すべて税理士が業務を行います。

ということは、その税理士との相性が合えば、税理士事務所との相性も合うということです。

これって、美容室にも言えることかなぁ、と思いました。

税理士の峯松さんは、サロン難民になったと書いています。

そしてヘアサロン難民になってしまった

紹介した記事では、担当者の変更でサロン難民になったわけではないみたいですが。

税理士事務所でも、ある程度の人数がいる事務所になると、担当者が辞めたり、異動したりで数年ごとに変わることも珍しくありません。

これも、税理士難民(担当者難民)とも言えるのかもしれません。

わたしは、一昨年の6月に四街道に家を購入しました。

四街道に引っ越してきて、どこで髪を切ろうかなぁと思って、美容室を探しました。

四街道に土地勘はなかったので、インターネットで、「四街道 美容室」というキーワードで検索をしました。

わたしが、美容室を選んだポイントは、以下のようなものです。

・一人で営業をしている
・落ち着いた空間でリラックスできる

わたしは、おじさんなので、髪を切る技術よりも、落ち着いた時間を過ごせることを重視しています。

1ヶ月半に1度くらい、1時間落ち着ける時間を過ごしたいのです。

美容師さんや店員さんが何人もいる美容室では、お客さんも同時に何人かいます。

男性も増えたとは思いますが、それでも女性のお客さんの方が多いと思います。

何度も言いますが、わたしはおじさんなので、女性のお客さんが他にいると落ち着けないのです。

リラックスできません。

一人で営業をしている美容室では、他のお客さんが気になることはありません。

しかも、一人の美容師さんがカットからシャンプーまで、全部行ってくれます。

税理士事務所も美容室も、大きなところだと、担当者が辞めたり、異動になることは変わらないですね。

人との相性を重視するなら、一人で営業している税理士や美容師を選ぶといいでしょう。

幸い、ネットで見つけた美容室に2年近く通い続けています。

美容室であれば、気に入らなければ、すぐにお店を変える人が多いでしょう。

これが税理士事務所となると、多少不満があっても、なかなか税理士事務所を変えようとまでは思わないことが多いです。

わたしは、税理士事務所の変更をもっとしてもいいと思っています。

相性のいい税理士が見つかるまで探してもいいのではないでしょうか。

そう考えると、一人で営んでいる税理士事務所は有力な選択肢になります。

少し強引に、ひとり税理士とひとり美容室に共通点を見出して、ひとり美容室をすすめる記事を書いてみました。

落ち着いた雰囲気でずっと同じ人に髪を切ってもらいたいと思う人であれば、ひとり美容室をおすすめします。

最後に、おじさんが美容室について語るなという声が聞こえてきそうですが、お読み頂きましてありがとうございました。

アイキャッチ画像は、リビングを落ち着かせてくれる鳩時計です。

【編集後記】

ブログサイドバーの人気記事を見ていたら、昨年の7月に書いた記事が10位に入っていました。

個人事業主の自動車保険の使用目的は適切ですか?

2016.07.22

随分前の記事が読まれていて嬉しいなぁ、と思って記事を読み直していると、文章がひどいです。

恥ずかしいので、少し文章を直しました。

こう考えると、文章を書く力は多少なりとも上がっているのかなぁ、と思います。

今日の体重 73.4kg(ダイエット開始から△3.1kg) お腹周り 90cm(ダイエット開始から△6cm)


 

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事