紙をなるべく減らすようにしているが、新聞は紙で読む

スポンサーリンク


税理士事務所は、規模の割にはよく紙を使う方だと思います。

そんな税理士事務所でも、最近では、紙を減らしているところが多いのではないでしょうか。

わたしが勤務していた事務所では、デュアルディスプレイとDocuworksを使うようになってからは、申告書のチェックなどもパソコンの画面上で行うようになり、紙の使用量がかなり減りました。

独立してからも、なるべく紙の使用量を減らすように工夫をしています。

独立してから、使用した紙の量を調べてみたら、1年で1500枚ほどでした。

1日平均で4枚程度です。

もう少しすくないと思っていましたが、一部の仕事で紙を使うのでこのくらいにはなってしまっています。

それでも、税理士事務所にしては少ない方ではないでしょうか。

まだ減らせるとは思いますが、現在はその程度の使用量です。

ちなみに、勤務していたときに使っていたということで、独立してから半年くらいたった時にDocuworksを使い始めました。

それ以前もPDFを使用していたので、Docuworksを使い始めたからといって紙の使用量が特に変わった訳ではありませんが。

Docuworksのいいところは、編集がしやすいという点でしょうか。

PDFよりは使い勝手がいいと思います。

PDFの方がいい点もありますので、Docuworksをおすすめしている訳ではありません。

このように、なるべく紙を減らして仕事をしていますが、新聞は、日本経済新聞を紙で読んでいます。

見出しで気になった記事のみ読む

毎朝新聞を読みますが、全ての記事を読む訳ではありません。

見出しに目を通して、気になった見出しの記事のみ読みます。

ですから、実際に読む量は、全体の1割にも満たないかもしれません。

それでいいと思っています。

見出しだけでもどのような記事が取り上げられているのかがある程度はわかります。

例えば、今日の日経新聞で気になった記事は以下のようなものがありました。

・給付型奨学金を拡充
・働き方改革 さびつくルール
・米決議案 修正に賭け
・郵政株、公募売却1.3兆円
・3年働いたら無期雇用
・仮想通貨の利益、雑所得に
・図書館マイナンバー利用
・長期マネー取り込み急ぐ 投信手数料7年ぶり低水準
・仮想通貨、日韓で送金
・小米、アップル対抗スマホ
・ベトナム国産車体制固め
・新電力 早くも岐路
・中国のガソリン車禁止検討
・JTB、民泊に参入
・ジーユー、中国に生産戻す
・県立病院 赤字47億円
・マザー牧場 地元無料に 55周年、来月から期間限定
・横浜銀、スマホ決済普及目指す

どうでしょうか、結構気になる記事はありますよね。

しかし、気になった記事を全部読む訳ではなく、実際に読む記事はこの中の半分程度です。

あとの記事は、見出しでこんなことがあるんだなと思うだけです。

独立して新聞を読む時間は増えた

勤務していた頃は、多くの人(お客様や、金融機関、ハウスメーカーの人など)とお会いしていたので、新聞は貴重な情報源でした。

世の中で何が起きているのか、どの業種で何が起きているのか、地元で何が起きているのかの情報を得るために、新聞は有効です。

そして、経営者は日経新聞を読んでいる人も多いので、「日経にこんな記事が出ていましたね」ということで、話のタネにもなります。

独立してからは、お会いする人の数は減りましたが、時間に余裕はできたので、新聞に目を通す時間が増えました。

紙の新聞は、見出しだけ読むには適しています。

そして、見出しの後に本文にざっと目を通して、実際の記事を読む読まないの判断をすることもできます。

ニュースは、インターネットでも読めますが、インターネットの場合は、見出しを見ることはできても、記事本文にざっと目を通すことはできません。

そして、記事本文を読むには、見出しをクリックしなくてはいけません。

しかも、見出しをクリックしても、記事の一部しか表示されずに、記事を全部読むには、更にクリックをする必要があります。

長い記事だと、記事が3ページや4ページに渡ることもあり、最後まで読むのが苦痛の時もあります。

これでは不便です。

ニュースを幅広く読むには、紙の新聞の方が適しているでしょう。

ちなみに、インターネットの新聞ではそのようなことは少ないと思いますが、YAHOOやMSNのネット記事では、見出しが本文と関係なかったり、誤解を生むようなものが多いので、見ているとイライラしてしまいます。

まとめ

仕事では、なるべく紙の量を減らすように工夫をしています。

税理士事務所では、以前はチェック作業で紙を使うことが多かったです。

しかし、最近では、PCの画面上でチェックができるものも増えてきました。

ひと昔前に比べると、紙の使用量は相当減ったのではないでしょうか。

しかし、新聞は今でも紙で読んでいますし、紙の方がメリットが多いように思います。

わたしは、電車に乗る時間が少ないです。電車に乗る時間が多い人にとっては、新聞や書籍は、スマホで見た方がいいかもしれません。

家で読むには、紙の方がいいです。

紙の使用量は減らしていきたいのですが、新聞については、今後も紙での購読を継続することにします。

 

最後に余談になりますが、新聞については消費税の軽減税率(8%のまま)が適用されそうです。

なぜ、新聞に軽減税率が適用されるのかは、疑問に思う点です。個人的には、新聞については、軽減税率の適用はなくていいんじゃないかと思います。

【編集後記】

今年のミニトマトもそろそろ終わりの時期です。

出だしは順調だったのですが、途中からは雨が多く収穫量も少なめでした。

それでも、美味しいミニトマトを食べることができました。


 

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事