税理士ブロガーは何のためにブログを書くのか

スポンサーリンク


わたしは自分のことを税理士ブロガーだと思っています。

わたしの中で税理士ブロガーの定義は、税理士でブログを書いている人です。

税理士でブログを書いていれば、税理士ブロガー、シンプルですね。

税理士がブログを書く理由

なぜ税理士がブログを書くのかというと、目的は人それぞれです。

思いつく理由をあげてみると以下のようなものがあります。

・仕事をとるため(営業目的)
・自分を知ってもらうため
・税金や会計のことについて知ったもらうため
・自分の考えを確認するため
・ブログ自体で稼ぐため(ブログでの広告収入やアフィリエイトなど)
・税理士業以外の仕事をするため(出版やセミナーなど)

だいたいこんなところでしょうか。

一番多いのは、仕事をとるためだと思います。

営業方法の一つとして取り入れることが多いでしょう。

わたしも、一番の理由は営業目的です。

二つ目の自分を知ってもらうためとは、文字通りの意味と、自分を知ってもらうことで仕事上のミスマッチをなくすことも目的になります。

あらかじめこんな人ということがわかっていれば、会ってみた後に、やっぱり違ったということも減らすことができます。

また、こんな人に来て欲しい、あるいはこういうケースでは力になれないということを書いておくことで、さらにミスマッチを減らすことができます。

三つ目の税金や会計について知ってもらうためというのは、おまけの要素が強いかもしれません。

ブログに書くことは一般的なことになることが多く、個別の複雑なケースについては、なかなかブログで書くことは難しいです。

わたしの場合、ブログ自体で稼ぐということはできていません。

ここは、今後もあまり追いかけないと思います。

六つ目の税理士業以外の仕事ですが、今のところ出版もセミナーも予定がありません。

人によっては、ここの部分にかなり力を入れている人もいます。

今後は、こんなこともしてみたい

上記の他に、今後はこんなことをやってみたいということがあります。

一つは採用です。

小規模事業者は採用で苦労することが多いです。

そこで、ブログを活用することによって、自分に合った人に来てもらおうという狙いがあります。

自分自身が5カ所の税理士事務所で働いた経験として、税理士事務所は入ってみなければわからないと思っています。

しかし、ブログで本当の情報を発信することによって、入る前からこんなところだよということを発信できるのではないかと思っています。

こういった狙いがあるので、ブログには普段から嘘は書きませんし、過大にいいところですと言うこともありません。

他には、高い目標になりますが、自分が思ってもいないようなことを提案してくれるようなことがあればいいなと思っています。

具体的に書くのは難しいのですが、わたしのブログを読んだ誰かが、何か面白い企画を持ち込んできたりとかあれば凄いことです。

将来、わたしが他の事業を始めるときにも役にたつ可能性があるかもしれません。

例えば、アパート経営をしたとしたら、ブログで入居者を募集するとかもできるかもしれません。

ブログには色々な可能性があると思っています。

ブログの効果の確認

税理士の場合、ブログを営業目的で書く人が多いと思うのですが、目的は人それぞれです。

わたし自身は、営業目的はもちろん、その他にも色々な目的を持って書いています。

たまに、この人は何のためにブログを書いているんだろうと思うことがあります。

自分自身のブログも他の人から見たら目的が伝わっていないかもしれません。

ブログの効果は定期的に確認する必要があります。

営業目的で考えた場合、売上を見ると効果がある程度わかります。

上のグラフはわたし自身の月別売上高です。

ブログとホームページでしか営業をしていませんが、少しずつ売上は増えています(一部ブログやホームページは関係なく仕事を獲得したケースがあります)。

順調に右肩上がりのように見えるかもしれませんが、数字的には大したことはありません。

それでも、売上が増えていることは確かです。

売上面ではブログやホームページの効果を確認することができます。

確定申告が終わってから問い合わせを頂いた5件の案件も全てホームページとブログから頂いています。

ブログについて書いていますが、ホームページと合わせて営業ツールになっているので、効果を確認するうえではセットで考えています。

まとめ

税理士は何のためにブログを書くのかということについて書いてみました。

大事なのは自分が何のためにブログを書くのかということです。

そして、自分の書いたブログの効果を確認することが大切です。

効果が出ていないのなら、書く内容を変えなければいけないかもしれません。

さらに、わたしのように、将来に繋がるようなことを考えている場合は、そのことも頭の片隅に入れておいた方がいいと思います。

その点で大切なことの一つが本当のことを書く、嘘は書かないということです。

短期的な目的のために嘘を書くのは長い目でみたらいいことはありません。

いいことがないだけではなくマイナスの効果になります。

もちろん、書かない真実があるのはアリです。

今後も、ブログの効果を確認しつつ、ブログの目的を達成できるような記事を書いていきます。

【編集後記】

20年くらい前から花粉症の症状がありました。

症状としては20代の頃が一番ひどかったと思います。

今日初めて花粉症で耳鼻科に行きました。

年齢のせいか寝る時に息苦しいのがつらくなってきたからです。

薬でどのくらい症状が改善するでしょうか。


 

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉 朝生

1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。