ちょっと気が早いが、千葉ロッテマリーンズの2019年の開幕スタメンを妄想する

スポンサーリンク


ここ数年、シーズン中は楽しめないことが多い千葉ロッテマリーンズですから、シーズンオフくらいは楽しく過ごしたいものです。

今の時期であれば、自分の好きなように妄想できます。

そこで、今日は来年の開幕スタメン予想をしてみます。

野手

野手である程度決まっているのは、捕手田村、一塁手井上、二塁手中村の3人くらいではないでしょうか。

他のポジションはまだ誰になるかわからない状態です。

井口監督は、安田を三塁手として考えているみたいなので、鈴木大地との争になります。

もしかしたら、鈴木大地は、三塁手、遊撃手、二塁手のユーティリティプレイヤーとしての起用になるかもしれません。

遊撃手でベストナイン、二塁手でゴールデングラブ賞を獲っている鈴木大地ですが、来年のポジションは保証されていません。

今年の成績では、安田にポジションを奪われる可能性もありそうです。

外野手は、荻野が故障なく調子も悪くなければ、センターは決まりでしょう。

しかし、毎年のように故障をしているので、あまり期待はできません。

ライトの平沢は今年頑張ったとはいえ、打率は.213です。

せめて.270くらいは打ってもらわないとレギュラーとは言えません。

平沢に内野を守って欲しいと思っているファンも多いみたいですが、守るところがないので外野手としての起用になるのではないでしょうか。

個人的には、平沢の遊撃手はないと思っています(スローイングの面で藤岡とは差があるように思います)。

レフトは、現状では角中になるでしょう。

角中はFA宣言をせずに残留が決まりました。

ここ2年の成績ではFA宣言をしても、それほど好条件は望めないでしょうから、残留は無難な選択なのではないでしょうか。

角中というと2回も首位打者を取っていますから、好打者というイメージがあります。

しかし、ここ2年は打率2割6分台です。

ホームランが一桁のバッターとしては物足りません。

しかも、ここ2年は故障で110試合程度しか出場していません。

来年は全試合出場での打率3割を期待したいところです。

先日新外国人選手が1人発表されました。

ケニス・バルガスという196cm/133kgの大型選手です。

両打というところと、名前が似ているところから、昨年千葉ロッテにいたパラデスと重ねて心配をする声が上がっていますが、名前が似ていることは成績とは全く関係ないので、純粋に期待しましょう。

そして、大注目なのがドラフト1位の藤原です。

守備はすぐにでも通用すると思うので、荻野が故障したら、開幕スタメンもあるのではないかと思っています。

他には、若手で香月と、まだ支配下登録もされていませんが、和田に期待です。

和田は数年後に出てくればいいかなというところですが、香月は出番を増やして欲しいですね。

ということで、開幕予想スタメンは次の通りです。

1番センター 荻野
2番ライト  平沢
3番二塁手  中村
4番DH    バルガス
5番一塁手  井上
6番レフト  角中
7番三塁手  安田
8番捕手   田村
9番遊撃手  藤岡

鈴木大地はユーティリティプレイヤーとして調子が悪い選手がいれば、代わりに入り、荻野が故障をすれば藤原が代わりに入ります。

そして、代打要員には香月、菅野、守備要員は岡、加藤がいます。

もう1人外国人選手を獲ると思いますので、そちらにも期待です。

最後に、忘れてはならないのが広島の丸です。

千葉ロッテが本気で獲りに動く、しかも井口監督が直接話をすると言っていますから、是非頑張って獲得して欲しいと思います。

丸を獲れれば、野手はかなりいい感じになります。

丸を獲れたら、ホントに楽しみですね。

投手

最近のドラフトで、平沢、安田、藤原と期待の高校生野手を獲れたのは嬉しいことなのですが、その分投手はちょっと厳しい感じです。

安心して先発を任せられる人はほとんどいません。

ボルシンガーが一番手ですが、今年の後半の故障が気になります。

二番手以降はみんな厳しいです。

涌井、二木、石川、有吉と今年先発をしていた人たちの名前があがるのですが、貯金を期待できる人がいないんですよね。

涌井は勝ち星と同じくらい負けるというか、最近は勝ち星以上に負ける印象です。

二木もシーズン通して働けないし、石川も同じです。

有吉には期待していますけど、どうでしょうか。

ただ、若手の中には期待したい投手もいます。

種市、岩下の2人は今年の後半から出てきた期待の投手です。

この2人が来年一年間先発ローテーションに入れるようでしたら、楽しみです。

そして、今年1試合も投げなかった佐々木が活躍してくれないと困ります。

佐々木が先発ローテーションに入ってくるようでしたら、面白くなりそうです。

先発も苦しいのですが、中継ぎ抑えも同じくらい苦しいです。

内が手術をしたことも心配です。

抑えは新外国人選手に期待するしかないかもしれません。

大谷、松永、益田の3人が安定して1年間働いてくれないと困ります。

左投手が少ないので、今年後半から出てきた永野にも期待したいところです。

他には、ちょっと見当たらない感じです。

来年で3年目を迎える島が出てきたら嬉しいですけど、もう少し時間がかかるかな。

あとは、ドラフトで獲った、東妻、小島、中村の3人の投手は即戦力として獲っていると思うので、この内2人くらいが頑張ってくれないと困ります。

野手陣に比べて投手陣は厳しく、上手くいけば何とかなるかもしれないが、そうでなければ来年も苦しいということになりそうです。

まとめ

今の時期ならではの期待を込め過ぎた予想をしてみました。

丸が獲れれば、野手陣は相当楽しみですし、獲れなくてもそこそこやってくれるのではないかと期待しています。

野手に比べると、投手陣は苦しいです。

これから新外国人投手を獲ると思うので、そこに期待するしかないかもしれないです。

いずれにしても、今年よりは戦力は上がると思うので、来年こそはクライマックスシリーズ出場をしてもらいたいものです(優勝と言えないのが寂しい)。

【編集後記】

わたしの事務所は、四街道市と千葉市のお客様がほとんどなのですが、ここ2件ほど他の市の方から問い合わせが続きました。

他の市と言っても、2件とも車で30分くらいの距離です。

もちろん、四街道市と千葉市以外のお客様も歓迎です。

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事